愛知県に自動車業界向けEMC関連試験所オートモーティブ テクノロジー センターを開設

ホーム/News/Blog/愛知県に自動車業界向けEMC関連試験所オートモーティブ テクノロジー センターを開設

愛知県に自動車業界向けEMC関連試験所オートモーティブ テクノロジー センターを開設

2017年6月6日より業務開始いたしました。ご予約、ご相談はこちらへ

UL Japanは、多くの車載機器・自動車部品メーカーが拠点を構える愛知県(みよし市)に、自動車業界向け試験所 オートモーティブ テクノロジー センター(ATC)を開設いたしました。ATCは、延べ床面積約1,900㎡で、車載機器のEMC試験を基軸に、電気、無線、環境、IOP(Interoperability:相互接続性)試験等を実施いたします。EMC試験業務に精通した専門の試験担当者が、お客様の多岐にわたるニーズに対応します。

近年、EV、HV/PHV、FCVといった電動車両の普及が急速に進みつつあり、将来的には、自動運転、コネクティッド・カー(Connected Car)及び車間通信(V2V)、道路などのインフラと車の間の通信(V2I)を実現するための制御技術の進化も予測されています。こうした変化の中、自動車業界では、新技術の出現に伴う新たなリスクへの対応が求められています。

ULは日本国内において、鹿島EMC試験所を中心に、各国の自動車メーカー規格に対応したEMC・無線および電気/電子機器の電気試験を実施しています。加えて、ULの持つグローバル・ネットワークを活用し、技術革新や制度変革に伴い、変化する全世界への法規制、規格への適合を支援しています。今回のATCの開設に伴い、更に高度な技術を要するEMC・無線・環境試験の需要に対応し、安心かつ安全な車載機器の開発に貢献し、日本の自動車業界のさらなる発展を支援していきます。

【主な提供サービス】

  • 自動車メーカー規格試験
  • 国際規格・業界規格に基づく評価試験
  • EMC(EMI/EMS)及び電気試験
  • 各国無線規格試験
  • 防水、防塵、振動などの環境試験
  • 相互接続性試験

【新施設の設備】

 設備 基数  試験内容  試験対象製品
3m法電波暗室 2基  一般EMC(EMI/EMS)、無線規格、自動車規格、各車両メーカースペック試験、Tri-Plate試験  ITE、車載機器、無線機器
自動車EMC用電波暗室 4基  自動車規格、各車両メーカースペック試験  車載機器
シールドルーム 2基  一般EMC(EMS)、無線規格、自動車規格、各車両メーカースペック試験  ITE、車載機器、無線機器
電気試験室 2基  LV123、LV124、 LV148、ISO 16750-2などの各種電気試験及びISO 7637、TEM/G-TEM CellなどのEMC試験  車載機器
環境試験室 1基 防水試験、防塵試験、振動試験 車載機器
IOP(相互接続性)試験室 1基  相互通信試験  車載機器
試験設備の詳細

【主な試験分野】

カーオーディオ、キーレス・エントリーシステム、スマート・エントリーシステム、各種自動車走行部品、自動車用アンテナ、インバータ、DC/DCコンバータ、侵入センサー、ターボチャージャー、コンプレッサー他
PC、プリンター、無線LAN、無線LANカード、ブルートゥース(Bluetooth)、ウェアラブル機器

【住所】
〒470-0217
愛知県みよし市根浦町1丁目3番19
TEL:0561-36-6120
FAX:0561-36-6820

【アクセス】
東名高速道路 三好IC より車で3 分
名鉄豊田線 黒笹駅または三好ヶ丘駅から車で約10分

※電車をご利用の際は駅からタクシーをご手配されることをおすすめします。
愛知つばめ交通:0561‐32‐0123
名鉄東部交通:0565-32-1541

【地図】

 PDFデータ(地図)のダウンロード

お問い合わせはこちらへ
資料のダウンロード