コネクテッドカー – 向上する技術は安全性に影響を与えるのでしょうか?

ホーム/IOT(Internet Of Things), M2M, News/Blog, モバイル通信/コネクテッドカー – 向上する技術は安全性に影響を与えるのでしょうか?

コネクテッドカー – 向上する技術は安全性に影響を与えるのでしょうか?

コネクテッドカー  – 向上する技術は安全性に影響を与えるのでしょうか?
コネクテッドカーとは、インターネットに接続された車両であり、通常はワイヤレスローカルエリアネットワークを利用しています。これにより、車両の内外にある他のデバイスとインターネットアクセスを共有することが可能になります。通常コネクテッドカーには、インターネット接続を介してドライバーに付加的な利益を提供する、特殊な技術が組み込まれています。

最近の例では、カーメーカーが、減速力を測定することによって、発生した衝撃の大きさおよび回数やエアバッグが展開した回数などを認識する、インテリジェントな衝突検知システムを構築しています。これにより、自動的に救急サービスに警告を送信し、乗員数や推定される傷害の程度に関する情報を提供することができます。これは、救急サービスの効率的な展開や、事故に対応する設備の充実化を促進し、より多くの命を救える可能性を秘めています。

通常、2010年より後に作られた コネクテッドカー には、ヘッドユニット、インカーエンターテイメントユニットおよびインダッシュタッチスクリーンが装備されています。一般的な機能として、車載Wi-Fi、スマートフォンアプリ、ナビゲーション、路上支援、音声命令、状況に応じたヘルプ、駐車アプリ、エンジン制御、車両追跡および車両診断などがあります。
おそらく、コネクテッドカーは、究極のモバイルアクセサリーになっていますが、他のほとんどのアクセサリーとは異なり、本質的に危険な環境で動作します。つまり、これらの車載システムの機能、動作および信頼性によって、車両が、より安全かつ使いやすくならなければならないのです。ですが、実状は必ずしもそうとは限りません。アプリの中には、ドライバーの気を逸らしたり、適切に動作せずにイライラさせたりするものあります(衛星ナビゲーションのGPS信号が失われ方向が指示されない場合を考えてみください)。

しかしながら、うまく機能するように設計され、適切に実装されているのであれば、コネクテッドカーは、我々が生活している常時接続の完全に統合されたデジタル世界においては必然的な拡張です。私は個人的には、このような拡張主義的ないわば度を過ぎた技術の使い方の必要性については、疑問を抱いていますが、競争力を得るためにこの技術に注目した自動車メーカーの論理を非難することはできません。最終的に市場が必要とするものを決定するのは市場自身なのであり、完全自動運転車が本当に通勤者の夢なのかどうかは多分誰にも分かりません。

このような本質的に危険な環境で動作するものの内部でワイヤレス技術が増えるということは、必然的に、ドライバー、乗員および道路使用者の安全を確保するために、安全や認証の規格も進展していくということを意味します。

あるいは、ULの自動車業界に関するページをご覧頂いて、ULが提供できるサービスを理解し、さらに詳細な情報をご確認ください。