欧州RE指令(RE Directive, RED) 適合性評価サービス

R&TTE指令は2017年6月12日に失効し、2017年6月13日よりRE指令に完全切替となりました。これに伴い、自己適合宣言をR&TTE指令からRE指令へ切り替える必要があります。

ULのサービスの特長

R&TTE指令→RE指令
移行完了

対象品

FAQ

関連ページ

UL のサービスの特長

  • RE指令のNB(Notified Body)として認定-UL Japanは2016年12月17日に欧州連合よりRE指令のNB(Notified Body)として認可を受けました。2017年6月13日現在、整合規格が発行されていない規格も存在します。
    引き続き、対象製品・規格の状況により製造者様のみで適合性評価を行うことが困難なケースが想定されます。弊社ではNB関与によるEU型式調査を含む対応により貴社の欧州市場進出へのサポートをいたします。
  • 長年に渡る実績 ‐ R&TTE指令のNBとしての実績を基にお客様に迅速なサービスを提供いたします。
  • ワンストップソリューション – RE指令で要求のあるEMC/LVDのサービスをご提供可能です。また欧州以外の国/地域での規制対応についても対応が可能です。

R&TTE指令→RE指令 移行完了

2017年6月13日以降はRE指令に対応していない無線機能搭載製品は新規に上市(Placing on the market, 市場投入: 輸入者が流通業者に出荷した段階)が不可能となります。RE指令への対応には適合性評価を行う必要があります。
既に流通済みの製品は継続販売が可能です。

未適合品を市場に上市させた場合は加盟国の定める違反に対する規則に従い、罰せられる可能性があります。

各規格のスケジュールはETSIのサイトをご参照ください。規格は官報に掲載されることで正式にRE指令への整合規格となります。

UL Japanではお客様の方針・スケジュールに応じたRE指令への対応サポートを提供いたします。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

RE指令 対象品

欧州EU加盟国に無線製品(下記例)を出荷する場合には必要となりますので、無線機能をお持ちの製品を欧州へ販売中/販売をご検討の場合は、お問い合わせください。

・Bluetooth
・WLAN(2.4GHz)
・WLAN(5GHz)
・キーレス
・イモビライザー
・NFC
・GPS
・地上デジタルTV放送受信機
・ラジオ放送受信機 など

phone and headphone on white background. Isolated 3D image

car navigation

製品例

関連ページ

電波法申請代行サービス(欧州)はこちらをご覧ください。
EMC/無線 最新情報(欧州)はこちらをご覧ください。
各整合規格のスケジュールはETSIのサイトをご参照ください。
認定情報はEUのサイトにて確認いただけます。

ご質問はありますか?もっと詳しくお知りになりたいですか?

お問い合わせフォームにご記入いただければ、弊社担当者より折り返しご連絡いたします。
お問い合わせ