ULによるNational Analysis Center ( NAC )の買収

ホーム/IOT(Internet Of Things), News/Blog, モバイル通信/ULによるNational Analysis Center ( NAC )の買収

ULによるNational Analysis Center ( NAC )の買収

ULは、フロリダ州のウエストパームビーチに拠点を置く株式非公開の会社であるNational Analysis Center (NAC)を買収しました。NACは、携帯電話、自動車用インフォテイメントとモバイルアクセサリーの相互接続性・有用性試験に対する標準と認識されています。

世界中の人々の動きが活発になり、様々なデバイスが使用されるようになるにつれて、それらがシームレスに一体となって機能することが期待されるようになっています。この買収によって、高成長部門におけるULのインターオペラビリティ試験サービスの幅が大きく広がりました。これらの高成長部門は、自動車用インフォテイメントや、ワイヤレス製品、ウェアラブルなスマートデバイスなどの各デバイスの適合性と有用性の影響を受けます。

「Internet of Things(モノのインターネット)や、ウェアラブル技術、コネクテッドビークルなど、コンシューマー市場における大きな流れとして、新しいカスタマーデバイスの採用が加速し、相互接続性試験の市場は成長し続けるでしょう」と、ULコンシューマー事業部長のSajeev Jesudas氏は述べています。「この買収によって、私達は、提供できるサービスの幅が広くなり、次世代のコネクテッドデバイスを支援する機会を得ることができました。これにより、これらの複数のデバイス同士が一体となってシームレスかつ安全に動作するようになります。」

NACのサービスポートフォリオには、相互接続性、性能および適合性の試験サービスが含まれています。この会社では、エンジニアリングチームやマーケティングチームが、最新の市販製品に対してプロトタイプを評価するのに役立つ、競争力のあるベンチマークも提供しています。

ULとNACの統合されたポートフォリオは、重要な自動車およびモバイル関連のお客様との関係を強化するのに役立ちます。さらに、NACはULの規模とリソースを活用して、グローバル市場に進出します。

「私達は、私達の能力と専門知識を統合して新しい市場に参入できることを楽しみにしています。」と、National Analysis Centerの社長、共同創業者兼所有者であるJim Lipsit氏は述べています。「ULとNACは、完全なシステムの一部として、顧客が実際に使用する方法で製品を試験する共通のアプローチを持っています。この共通のアプローチと顧客経験を向上させるというミッションにより、この2つの会社はお互いにとって、また弊社の従業員や顧客にとって大いに役立つものとなると私は思っています。」

Jim Lipsitを含むNACの36名の従業員はULに加わり、会社に残ります。買収に関する手続きは2015年7月1日に終了しました。

関連サービス

About the Author: